歯医者を見つけよう〜虫歯ゼロでいきいき生活〜

案内

マイナスイメージを払拭

歯型

「歯医者」と聞くと、痛い治療をする、音が大きくてこわい、臭いも強烈ということで、あまり良いイメージを持っていない人がほとんどです。しかし、最近の歯医者では、マイナスイメージを払拭しようという取り組みがされているのです。子供の頃から怖くて、大人いなってからは利用していない・・・という人は、ぜひとも歯医者を利用してみてください。きっと、今までのイメージが払拭されることでしょう。今までの歯医者では、待合室で自分の順番を待っているときに、治療室から聞こえてくる音や独特な臭いによって恐怖心が煽られていました。しかし、現在では、待合室で臭いがすることはありませんし、音もかなり軽減されています。待っている間に心を落ち着かせることができるように、クラシック音楽が流れていたりアニメなどの映像が流されています。また、最近では、どこの歯医者でも無痛治療を目指しています。最初にどのような治療を行うのか?を患者に最初に話すことで、患者の不安が和らぎます。また、患者がやってほしくない治療は極力行わないようにすることで、痛みが感じにくくなったのです。誰しも痛くない治療を望んでいます。そのためには、医師に治療の全てを任せるのではなく、自分も一緒に治療に参加する必要があります。子供であれば、小児科を利用することで子供でも怖くない、痛くないように工夫されています。気持よく治療を続けましょう。矯正歯科も子供が来やすいよう工夫されています。